再 雇用 同一 労働 同一 賃金。 高年齢雇用継続給付金が段階的廃止へ|今一度考えるべき高年齢者への同一労働同一賃金

「『同一労働・同一賃金』最高裁が初判断」(時論公論)

しかし、同一業務における正規と非正規社員との賃金格差については、すでに現労働契約法第20条でも禁じている。

Next

定年後の再雇用者の処遇をめぐる対応上の留意点

法改正後の同一労働同一賃金のメリット 多様な社員を受け入れることが可能 非正規雇用を選択する方は先も述べたように多様化しています。

Next

高年齢雇用継続給付金が段階的廃止へ|今一度考えるべき高年齢者への同一労働同一賃金

特に賃金格差が不合理かどうかは「各賃金項目の趣旨を個別に考慮すべき」とされたのだからなおさらである。 Q2:あるインターネットサイトで、定年到達時と同様な職務内容の場合、年収ベースで「50%程度までの賃金低下は認められる可能性も高い」とありましたが、それ以上の低下は難しいですか? 回答 これを 最低賃金法以外で制限する法令はありません。

再雇用者の労働条件(同一労働同一賃金)について

よって、継続雇用制度の導入により有期雇用となった定年後再雇用者の処遇改善を講じるべきことは、同一労働同一賃金の観点から不可欠と言えましょう。

Next

定年と再雇用に関する労務管理【Part2 賃金編】

ただし、定年前の仕事と責任の重さが同一であれば、同一労働同一賃金の考え方にもとづき、正当な理由のない引き下げとして違法となるため注意が必要です。

Next

Vue HN 2.0

日本では古くは55歳を定年とされていましたが、1986年の高年齢者雇用安定法の施行によって60歳までの定年延長が努力義務となり、1990年の改正で65歳までの再雇用が努力義務となりました。 訴訟になる前に会社は、社員3名が加入する労働組合と団体交渉を開催し、賃金の一部については改善を図ったようですが、解決を図ることはできず、訴訟となりました。 さて、「同一労働同一賃金」の概要を聞いたことがあるかもしれませんが、実際にどのような内容なのか、企業に勤める実務者でさえも理解できていないケースが多々あります。

Next