遠藤 周作 深い 河。 「深い河 ディープ・リバー」 遠藤周作

深い河 : 作品情報

1963年3月より後、40歳以降に執筆されたと推測される 、自伝的作品。

深い河 : 作品情報

長年の苦心惨憺たる病気づきあいから、人生に無意味なものは何一つないと言い切る著者が、自らの失敗談を交えつつ贈る人生セミナー。

Next

死は新しい関係を生む―共鳴する遠藤周作と宮沢賢治 若松英輔さんと山根道公さんが対談 : 文化 : クリスチャントゥデイ

『留学』(1965年、文藝春秋新社)のち新潮文庫• 主人公ミツの学生時代の愛を描いた作品。 1988年(昭和63年) 4月 - 夫人を同伴してロンドンに旅行し、同月帰国。

Next

遠藤周作の「深い河」から想う

『沈黙』をはじめとする多くの作品は、欧米で翻訳され高い評価を受けた。

Next

遠藤周作の『深い河』に見られる日本人の死生観の多角的研究

『ひとりを愛し続ける本』(1986年、青春出版社)のち講談社文庫• 第110回 「石の来歴」• それぞれの目的と何かを探し求めて。

「深い河」を読み終わりました。

悪友からけし掛けられ面白半分で彼を誘惑し性の虜にする。 だから、前提の異なる話を読んでも、共通するものは見出せないよ、と感じた。 第104回 「」• 一神教の信徒は神を「信じる」とはあまり言いませんね、神を「思う,感じる」という言い方をします-自己の存在の起点が神なのですから信じるも信じないもないんです。

死は新しい関係を生む―共鳴する遠藤周作と宮沢賢治 若松英輔さんと山根道公さんが対談 : 文化 : クリスチャントゥデイ

『天使』(1980年、角川書店)のち文庫• 『浮世風呂』(1964年、講談社)• 「成瀬さんじゃありませんか」「はい」「お忘れですか。

Next