プリウス 30 耐久 性。 プリウス10万キロ走行時の部品交換について

プリウス10万キロ走行時の部品交換について

詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 ニッケル水素だってまったく枯れていない 技術が出尽くしてこれ以上の進化が望めない状態を、業界用語で「枯れた」と表現することがあります。

プリウスの寿命の年数!走行距離の限界からバッテリーの寿命まで徹底解説!

でもバッテリーは永久補償らしく、2回とも無償で交換してくれましたよ。 2つ目のおすすめタイヤとして紹介したBluEarth1の上位グレードに当たるブランドのタイヤで、 低燃費性能はBluEarth1からやや落ちますが、その分静粛性と乗り心地がアップしたタイヤとなっており、静粛性はヨコハマタイヤの製品ラインナップの中でもトップを誇る性能となっています。 でも、多くのシーンに活躍する車だったらC-HRもありですね。

Next

「プリウスの耐久性」螢一のブログ | どこま~でも行こう♪

プリウスのタイヤは低燃費タイヤというもので、燃費が特に重視される最近の車に採用が進んでいます。 しかしその反面ロードノイズは大きくなる傾向にあるので、ハイブリッドではそれが際立ってしまう結果になっています。

Next

「プリウスの耐久性」螢一のブログ | どこま~でも行こう♪

(EVモードの詳細は以下の記事をご参照ください。 燃費の向上や技術進歩によるボディーの軽量化が行われているとは言え、 約1200~1500Kgある車体を支えるサスペンションなどの足回り部品は約10キロで交換を視野に入れるべきです。 突然のぶしつけな問い合わせにもかかわらず、とても丁寧に対応してくれた。

Next

中古のトヨタ・プリウス(30系)が中古の狙い目|特徴を徹底解説

新型プリウスではこういった車体側での音対策もしっかり取られているので、車内に聞こえてくるエンジン音もかなり少なくなっています。 特に10~30系プリウスに採用されたリアサスペンションは、トヨタ・ハイエースなどに採用されているトーションビーム式を搭載しています。

Next

プリウスの電池は「リチウムイオン電池」と「ニッケル水素電池」のどっちなのかを書いた記事です。

常に大電流が流れ、さらに発熱も激しいこの部品は、冷却システムが故障したり、内部部品の寿命でインバータ故障につながるのです。 MEMO 一般的に車が古くなると言われてしまうのは、新車登録から10年以上が経過したものが多いですが、車としては10年を越えたとしても寿命には程遠いです。 まあホイール変えるって言ってたから静かになるでしょう。

Next

プリウスの電池は「リチウムイオン電池」と「ニッケル水素電池」のどっちなのかを書いた記事です。

停電時の非常時電源にも途中から対応 プリウスのさらに次世代を担うシステムとしてプラグインハイブリッド化を推し進めたのも30系でした。 これは排ガスを燃焼室に戻す際,エンジン冷却水で排ガスを冷却してから,燃焼室にいれるための熱交換器です。

Next

『最近の日本車のハイブリッドの耐久性について。 私...』 トヨタ プリウスPHV のみんなの質問

音自体もモーター音を聞き取りやすくしたようなものですが、高周波であることには変わりないので車の音だとわからないこともあります。 もちろん事故や故障などによって動かなくなってしまうことはありますが、適切なメンテナンスを行って修理などもしていけば、車によっては20年以上でも十分動きます。 こういった点もプリウスの故障の少なさを実現できている要因になっているでしょう。

Next